マーベロン28を通販で買ってみました。

マーベロンの使用感。私の感じたメリットとデメリット。

わたしは数年間、マーベロンを服用していました。

 

マーベロンの服用の主な目的は生理痛の改善とPMS(月経前症候群)の改善でした。

 

特に私の場合は、PMSがひどく、人それぞれPMSの症状はあるとは思いますが、生理10日ぐらい前になるとイライラし始めたり、些細な事を不安に感じ、自分の中で解消するのに苦労をしていました。

 

生理が始まると自然と気持ちは楽になるのですが、毎月三分の一をPMSの症状で苦しむのが辛くなり、検診の時に生理前の症状をかかりつけの産婦人科の先生にお伝えしたところ、マーベロンを勧められ、そこから服用を開始しました。

 

マーベロンの種類

 

マーベロンには、マーベロン21とマーベロン28があります。

 

マーベロン28は7日分の休止期間の偽薬が入っています。

 

マーベロン21の特徴

 

マーベロン21の特徴は21日間連続で薬を同じ時間に服用します。

 

薬の色は白色で、大きさは小さめの錠剤です。

 

多少の服用時間の前後は差し障りないようです。

 

薬は21錠がワンシートになっており、薬剤シートに番号が振ってあるため、1と書いてある場所から飲み始めます。

 

21日間服用後7日間の休薬期間をとり、休薬期間後また21日間連続で薬を服用するスタイルのお薬です。

 

マーベロン28の特徴

 

マーベロン28の特徴は、28日間薬を飲み続け休薬期間はありません。

 

こちらはワンシート28錠のセットになっており、マーベロン21と同じように白い錠剤が21錠と緑色の偽薬7錠がついた28錠になっています。

 

薬効成分は白い錠剤の21錠にしかなく、残り7錠には薬効成分は含まれておりません。

 

マーベロン28は薬剤シートに1から番号が振られているので、そこから飲み始め、緑の偽薬全て飲み終わると次のシートの白い錠剤からまた飲み始めます。

 

つまり、マーベロン21と異なる点は休薬期間をもうけてないため飲み忘れの心配がありません。

 

マーベロン28もマーベロン21と同様毎日同じ時間に服用をします。

 

初めて飲む時は、生理初日(月経開始時)から飲み始めることで避妊効果をもたらします。

 

マーベロン21マーベロン28ともに休薬期間や偽薬期間に生理が始まらなくても、次のシートを継続し服用しても問題はないとされています。

 

しかし、次のシートでも休薬期間や偽薬期間に生理が始まらない場合は病院の受診をしてみて下さい。

 

初めて服用時は、どの病院もワンシートのみの処方が多いように感じましたが、慣れてくると数ヶ月分の処方をしてくれるようになりました。

 

マーベロンのメリット

 

しっかりとマーベロンを服薬すれば避妊効果をもたらす。

 

性病は防げないため、コンドームの使用は別途必要。

 

生理日の移動が可能なため、旅行などの計画が立てやすくなる。

 

生理痛の軽減、PMSの軽減に効果がある。

 

ニキビや吹き出物にも効果があるそうですが、もともとニキビ体質ではなかったので、この効果の実感は感じておりません。

 

マーベロンのデメリット

 

同じ時間にマーベロンを服用しなければいけない。

 

飲み始め当初は副作用で吐き気を催すこともあるため、就寝前の服用がおすすめ。

 

飲み忘れると避妊効果がなくなる。

 

またシートの途中でも生理が始まる。

 

副作用で体重増加をおこすことがある。

 

毎月、ワンシート3000?5000円ほどの費用がかかる。

 

定期的な検診が必要。

 

喫煙者には向かないこともあるため、医師との相談が必要。

 

以上が数年ほど服用し、私の感じたマーベロンの使用感です。

 

きちんとマーベロンを服用すれば、避妊やPMSの軽減、生理の管理もできるため便利ではあると思います。

 

薬によっては、マーベロンとの飲み合わせが悪いものもあるため、他院に受診する時はマーベロンを服用していることを伝え、それにあったお薬の処方をしてもらって下さい。

 

(東京都 仮名希望さん)

 

格安で買える!マーベロンの個人輸入の方法はこちらで説明しています。