避妊方法 メリットデメリット

コンドーム、パイプカット、避妊手術、ピルなどの避妊方法のメリットデメリット

避妊の方法は、コンドーム、パイプカット、避妊手術、ピルなど様々ありますが、この中では、コンドームが一番手軽で簡単な避妊方法だと考えられます。

 

コンドームの場合、避妊している感覚を目視で物理的に確認できるため、破れていた等の場合、後から別の避妊方法と併用することも出来ます。

 

コンドームの場合は、一回で使い切りのため、性行為の回数分準備しておく必要があります。

 

パイプカットの場合は、男性器側に避妊の施術をする避妊方法で、一度すれば、それ以上避妊策にかける費用はかかりません。

 

そのため、多く性行為を予定する場合はパイプカットが経済的です。

 

ただ、男性は、射精後に続けて何度も射精することは出来ないため、あんまり性行為をしない人は、コンドームの方が安くつくような気がします。

 

しかも、パイプカットの場合は、目視での確認は困難を極めるため、もし、精通しているとそのまま、中に出してしまうこととなり、妊娠してしまう可能性が大幅に増加します。

 

避妊手術は、女性側に子どもを産んだときなどにするものであり、これをすることにより、性行為を何度しても妊娠しなくなります。

 

そのため、性行為の回数が多い人の場合、これが経済的といえます。

 

ピルの場合は、強制的に妊娠状態を薬で作りだすことにより避妊する方法なので、体にいいものではなく、なるべく使用をしない方がいいと考えられます。

 

また、コンドーム以外のものは、性感染症の対策を総合して考える場合において、コンドームに劣ると考えられますので、良く分からない人と性行為に及ぶ場合は、コンドームが、これらの中で最も安全性を高める有効なものといえるかもしれません。

 

ただ、コンドームでも、100%の安全性が確保できるわけではないので、完璧に避妊を考える場合は、他の避妊グッズと併用することが確実な手段といえるかもしれません。

 

(福岡県 ヨーコさん)

 

マーベロンを海外から安く購入する方法を紹介しています。